2015-3-5

多くの美容室経営者が勘違いしていること。お客さんのために最も大事なことを教えます

 

 
美容室R628は開業約10年を迎えます。10年もの長い間、続けて来られたのはR628に通っていただいている多くのお客さんのおかげです。
 
お客さんには本当に感謝しています。特に以前に勤めていた美容室から、ずっと追っかけのように遠くから通っていただいているお客さんには”感謝感謝”の気持ちでいっぱいです。
 
私はお客さんのことを常に考えて美容室経営をしてきた10年でした。おそらく、他の美容室もお客さんのことを大切に考え、美容室経営を行っていると思います。
 
ところが同じようにお客さんのことを大切に考えているのに、美容室の経営が悪化し、閉店してしまう美容室が数多く存在します。10年間美容室を経営していく中で、多くのそのような結果を見てきました。
 
そういった状況を見ていく中で、勘違いをしている多くの美容室経営者がいることに気づきました。お客さんのことを考えて経営しているつもりでも、本当にお客さんのためになっていないことがあることに気づきました。
 
今から書くことはおそらく美容室以外にも当てはまることがあると思います。美容室を経営されている以外の方にもぜひ読んでください。
 
10年の間、美容室を運営する上で気づけたこと・・・まずは読んでいただいているあなたに聞きます。
 
お客さんのために最も大事なことはなんだと思いますか?
 

多くの美容室経営者が勘違いしていること

 
答えを書く前に、よく美容室経営者が勘違いしやすいこと、勘違いしていること、勘違いしがちなことについて書きます。あなたはこういうことをやっていませんか?
 
・お客さんが通いやすくしてもらうことを考えて無理な値引きをしてしまう。客数を伸ばすために広告を多様した無理な集客をしてしまう。結果的に広告離れができなくなる
 
 ・お客さんが通いやすくしてもらうこと考えて、営業時間を長くする。そのために無理な雇用をしてしまう
 
・お店の雰囲気を良くするために無理な先行投資をしてしまう。開業時に個性を出し過ぎて家賃以外に経費が膨らんでしまう
 
・お店のサービス、設備、美容器具を良くするために無理な先行投資をしてしまう。メーカーに画期的な新メニューとおどらされて高額な器具を購入。支払いに3年以上もかけて回収する
 
思い当たるところはありませんか? わかりやすくするために「無理な」ということを付け加えました。「無理しているつもりはないけど…」と考える方も多いと思いますが、本当にあなたの美容室は無理していませんか? (私自身、無理していたこともありますので、あまり偉そうには言えませんが笑)
 

お客さんのために最も大事なこと

 
お客さんのために最も大事なこと・・・それは、

美容室を潰さないこと。

お客さんにとって、一番困ることは通っている美容室が無くなってしまうことなのです。大好きな美容室がなくなってしまうと、お客さんはどこに行けばよいか困ってしまいます。美容室を潰さないことが最も大事なことです。
 
美容室がなくなって困るのはお客さんだけではありません。日頃からお世話になっているメーカーやディラーも困ってしまうのです。
 
 

私が美容室経営のために心がけていること

 
美容室を潰さないために私が美容室経営に心がけていることの一例を紹介します。
 
・無理な求人はしません
・高い美容器具は買いません
・多額な広告費はかけません
・美容室のキャパシティを超える集客はしません
 
美容室経営は普通で良いのです。
 
意外に平凡な美容室こそ、お客さんのためになります。美容室R628は開業時から真新しい器具やメニューは導入していません。昔からあるメニューを大事しています。本来のパーマ屋です。
 
こうやってお店を継続できるのも、ほどよい数のお客さんと、ほどよいご新規のお客さんに来店していただいている結果です。現在はとても充実した美容室経営を行っています。
 
充実した美容室経営に必要なこととは?
 
それでは、ほどよい数のお客さんと、ほどよいご新規のお客さんに来店していただくためには何が必要でしょうか。
 
私は個人のブランディング作り、お店のブランディング作りが必要だと考えています。私の中でのブランディング作りは最強のファンを作ることである、と考えています。
 
もしかすると、あなたはYahooやGoogleの検索エンジンで「美容室 経営」と検索して、このページに訪れていませんか? その狙いも最強のファン作りのための第一歩でもあります。
 
続きは美容師が最強のファン作りを行う方法 をご覧ください。
 

 

関連記事


美容師が最強のファン作りを行う方法

 

美容師が最強のファン作りを行う方法について紹介します。「あなたが担当で良かった」と思っていただけるような信頼関係を作ることができれば、そのお客さんは最強のファンになったといえるでしょう。どのようにすればいいでしょうか。
 
 
 
 
 


【ステップ別で考える!】美容師が最強のファン作りブログを始めるときに必ず考えておきたい3つのこと

 

ブログを始めるときに必ず考えておきたい3つのことをステップ別に紹介します。ブログをただ何となく運営するのではなく、目的と目標をもってブログを運営するのが大事です。ブログで何をアピールするのかということも考えましょう。
 
 
 


【美容師物語】独立開業した3人の美容師

 

物語形式でITと美容室の融合への理解を深める物語をお届けします。独立開業した3人の美容師は美容室繁盛のため、自分が考える最良の施策を行います。それぞれの道を歩んでいく3人の美容師はどうなるのでしょうか。
 
 
 
 
 


 
 

プロフィール

廣田 学  Manabu Hirota


平成17年 美容室R628開業
平成18年 雑貨店Chime<チャイム>店舗2階にて併設オープン
平成20年 一般美容商品、香りをコンセプトとした輸入フレグランス商品のネット販売を設立
平成21年 雑貨&カフェChimeとしオリジナルケーキを主体としたカフェをオープン 現在はワークスペスカフェChime(H22:3月)
平成21年 店舗複合に伴い美容室R628を 『人が集まる楽しい空間』になってほしいと思い
lassemblee(ラサンブレ)と命名しフロアを分ける。
平成23年 USTREAM ASIA公認のSTUDIO SAPPORO SOUND 設立
平成24年 ラサンブレ株式会社設立
平成26年 ラサンブレ株式会社 オフィスを設立

「少人数だからこそ実現できる」そんなプランをご提供します