2016-1-19

美容師ならではのEvernoteの活用方法とは?

 

 
IT美容師がおすすめするクラウドサービス、Evernoteを紹介します。Evernote特徴から、紙との違い、活用する方法、美容師独自のEvernote活用方法、活用するメリットを具体的に紹介します。
 

 時代はクラウドサービス

 
このブログをご覧になっている方は、少なくともある程度のパソコン知識はあると思います。これからの時代はやはりパソコン知識が必要です。
 
こうしてブログも書くのもデジタル……。振込みや送金などもパソコンによる遠隔操作が可能になりました。さらに時代は進化。インターネットが普及し、単なるパソコン知識だけでは足りなくなりました。
 
インターネットが普及し、高額なソフトを購入する必要もなく、無料で利用できるサービスはたくさんあります。スマートフォンやパソコンを共有して写真の管理、従業員のシフト管理、日報管理といった業務を行うことができるクラウドサービスが生まれました。
 
これからの時代はクラウドサービスを便利に活用することが重要です。一緒クラウドを勉強していきましょう。クラウドサービスは美容師だけではなく、経営者、管理職、営業など全ての方に役に立つ内容です。IT美容師が仕事でもよく活用し、便利と思っているクラウドサービスを紹介します。
 
 

Evernoteの特徴

 
今回はクラウドサービス、Evernote(エバーノート)を紹介します。
 
Evernoteはパソコンやタブレット、スマートフォンなどで簡単に情報を保存・共有できるサービスです。
 
テキストメモや画像、ボイスレコーダー機能までもインターネット上で保存できます。Evernoteのアプリを立ち上げれば、インターネット環境がなくてもローカルに保存できます。
 
よく使われる例題として電波の届かない地下街や飛行機内などでも利用することできます。保存した情報はインターネット環境が整った場所で同期ができます。
 
※同期とはパソコンやタブレット、スマートフォンなどでデータを共有することをいいます。
 
 

美容師のEvernote活用方法とは

 
美容師がEvernoteを活用するにはどのようなケースがあるでしょうか。例えば、会議内容のメモを例にEvernoteの有効さを説明します。
 
 
美容師とはいえ、店舗内、あるいは複数店舗での会議があります。会議内容は紙のノートに記録していますか? 例えば、数ヶ月前に会議した「シャンプーの種類」についての内容を振り返ることとしましょう。
 
会議内容を紙のノートに記録したとします。紙のノートでは数ヶ月前の会議ノートはもしかしたら、家にあるかもしれません。そのときは一度、家に帰ってそのときの会議内容のノートを探さなくてはいけません。ノートを探す時間がかかり、すぐに会議内容を振り返ることができないのが難点です。

一方、会議内容をEvernoteに記録しておいたとします。Evernoteでは検索ボックスに「シャンプー」と入力すると、全てのシャンプーに関するノートが表示されます。その中から数ヶ月前の会議ノートを探せば、家に帰り、紙のノートを探すことなく、探した情報を見つけることができます。

 
 

美容師ならではのEvernote活用方法とは

 
 
先ほどの会議メモについては美容師以外の全ての方が利用できる活用方法でした。ここからは美容師ならではのEvernote活用方法を紹介します。
 
美容師ならではのEvernote活用方法・・・それは、カルテをEvernoteで保存して顧客管理を行う方法です。下記の画像は以前、美容室R628で使用していた紙のカルテです。
 
 

 
新規のお客様が来店されたときは美容師がこのカルテを書いて保存します。紙のカルテの欠点としてはカルテを検索できないことです。
 
 例えば、誕生日特典のキャンペーンを行うとします。2月生まれのお客様にキャンペーンを行う場合、カルテを1枚1枚チェックし、2月生まれのお客様を探す作業が必要になります。例えば、50枚のカルテでしたら、数分で終わるかもしれません。しかし、1000枚のカルテがあったらどうでしょうか。2月生まれのお客様を探すだけでかなりの時間がかかります。
 
 

Evernoteに顧客情報を記録していく

 
私のおすすめしたいのはEvernoteにカルテを保存するという方法です。具体的な方法を説明します。
 
Evernote上にお名前、生年月日、職業、連絡先、来店動機…などをあらかじめ項目を作ったノートを用意します。そのノート上に顧客情報を記載していきます。「カルテ」というタグ付けも行いましょう。
 
紙のカルテと違ってどのようなメリットがあるでしょうか。
 
①検索することができる
例えば先ほど例に出した誕生日特典の例だと、Evernote上で「2月」と検索を行えば、2月生まれの方の一覧が表示されます。どんなにカルテ数があっても、Evernoteで検索すると、一瞬で2月生まれのカルテ一覧が表示されます。探す時間が必要なくなり、大幅な業務効率化ができます。
 
②場所を取らない
紙のカルテは数が多くなってくると、紙の分だけ場所を取ります。Evernoteでカルテを書くと、データで保存されます。そのため、どれだけカルテの量が増えても場所を取ることはありません。
 
③外出中でもどこでも確認できる
外出中に電話問い合わせがあり、急にカルテの内容を知る必要があるかもしれません。紙であればカルテを保存している店舗に行かなければ、カルテの内容を知ることができません。Evernoteにカルテを保存してれば、Evernoteのスマートフォンアプリで情報にアクセスできるため、外出中でもカルテの内容を確認することができます。



いかがでしたでしょうか。美容師にとってもメリットだらけのEvernoteの活用方法の紹介でした。Evernoteには無限の活用方法があります。ぜひあなた独自のEvernoteを活用方法を考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
 

 

記事一覧


過去と現在の集客事情の違い。お客様自身が本当に探している美容室になる方法

 

過去のホームページを利用した集客と、現在のホームページを利用した集客事情の違いについての解説。お客様が本当に探している美容室になる方法の例を紹介します。
 
 
 
 
 


アナログとデジタルを組み合わせた三世代集客方法とは!? R628の集客方法を特別公開

 

紹介客を増やすには紹介キャンペーンが重要です。R628が最も力を入れていた集客がご家族紹介キャンペーンです。ご家族に紹介を促すアナログ(お店の空間)とデジタル(IT)を組み合わせた三世代集客方法を特別に公開します。
 
 
 
 
 


地図から見込客を集客する方法。Googleマップを活用した美容室集客

 

本記事では地図の移り変わりと、Googleマップを使用した美容室の見込み客の集客方法について紹介します。Googleマップを利用してどのような集客ができるのでしょうか。
 
 
 
 
 
 


目指せ!地域No.2の店作り。地域No.2で良い理由(※事例あり)

 

美容室R628は「地域No.2の店作り」を目指しています。本記事では見込み客作りの大事さと地域No.2で良い理由、見込み客作りの具体的な事例を紹介します。

 
 
 
  

【美容師物語】独立開業した3人の美容師

 

物語形式でITと美容室の融合への理解を深める物語をお届けします。独立開業した3人の美容師は美容室繁盛のため、自分が考える最良の施策を行います。それぞれの道を歩んでいく3人の美容師はどうなるのでしょうか。
 

 

 

ITが苦手な美容師でも簡単にできるLINE@の登録・活用方法

 

お客様と繋がるコミュニケーションツールのLINE@。ITが苦手な美容師でもわかるように、登録方法からIT美容師的LINE@活用方法を簡単に解説します。
 
 
 
 


インスタグラムは美容師にとって使いやすいアプリ

 
Instagram(インスタグラム)のハッシュタグを活用して美容室に集客する美容師が全国的に増えています。美容室の見込み客を今よりももっと増やすためにインスタグラムのプラグインを活用する方法を紹介します。
 
 

LINEショップカード詳細解説!画面付きの作成・活用方法を紹介します

 
LINEユーザー(顧客)の囲い込みと、新規集客への手助けとなるツール、LINEショップカード。LINEショップカード機能はスタンプカードとして、ポイント付与内容やクーポン発行もオリジナルで設定でき、ポイントカードの印刷費用を0円にできます。
 
 
 
 

プロフィール

廣田 学  Manabu Hirota


平成17年 美容室R628開業
平成18年 雑貨店Chime<チャイム>店舗2階にて併設オープン
平成20年 一般美容商品、香りをコンセプトとした輸入フレグランス商品のネット販売を設立
平成21年 雑貨&カフェChimeとしオリジナルケーキを主体としたカフェをオープン 現在はワークスペスカフェChime(H22:3月)
平成21年 店舗複合に伴い美容室R628を 『人が集まる楽しい空間』になってほしいと思い
lassemblee(ラサンブレ)と命名しフロアを分ける。
平成23年 USTREAM ASIA公認のSTUDIO SAPPORO SOUND 設立
平成24年 ラサンブレ株式会社設立
平成26年 ラサンブレ株式会社 オフィスを設立

「少人数だからこそ実現できる」そんなプランをご提供します